双伸の家 優しさを家じゅうに。

About双伸の家

構造のお部屋

07.信頼できる住まいへ

家はたくさんの部品が組み合わさってできています。だからこそ、全体的に力を入れていたとしてCCも、どこか1つでも手を抜けばその精度は崩れてしまうものです。本当に安心してお住まいいただくためには、隅々まで「安心」にこだわり抜くこと。それがSE構法住宅の信頼の証です。

双伸の街 双伸のおすすめを特設サイトにしました。

双伸の街 双伸のおすすめを特設サイトにしました。

確かな品質と安心の保証16年で一度もない、構造に対する瑕疵の事故。あなたの家もその1棟に!

ミリ単位の精度が、あなたの家の強さと美しさを担保します。

SE住宅性能保証制度は、基礎と構造躯体、金物が原因で住宅の損傷が起きた場合、SE構法が登録施工店を通じて、お客様の住宅を保証するという制度です。完成引渡しから10年無償保証。10年経過後に指定された検査メンテナンスを行うことにより、さらに10年保証延長が可能です。

素材、施工への保証

●供給された構造部材には品質管理の証として「出荷証明書」を。

SE構法は、構造部材の品質基準や性能が明確であることとトレーサビリティが条件となるため、供給プロセスを整備しています。これに伴い、品質協定を結んだ指定プレカット工場以外からの供給を認めていません。供給された構造部材の品質管理の証として「出荷証明書」を発行しています。
お客様に安心していただけるシステムです。

資格を有し、技術水準を満たした
SE構法登録施工店が責任施工します。

SE構法は独自の施工管理技術が必要なため、どの建設会社でも施工できるわけではありません。試験に合格したSE構法施工管理技士が在められた「SE構法登録施工店」のみがSE構法の建物を施工します。構造計算により証明された構造強度と、木造でありながら自由度の高ため、SE構法は万全の体制を整えています。双伸商事でも試験に合格したSE構法施工管理技士が在籍し、責任を持って施工いたします。


大地震が起こることを想定した
構造計算を行っているから、
1棟も事故がありません。

SE構法は、大地震が起こることを想定した上でより厳しい条件にて構造計算を行っています。しかも、大地震は余震でも大きな衝撃を住宅にもたらすので、連続して外力が加わることも計算に入れて強い家へとつくり上げていきます。過去に起きた地震やその被害を研究し、外力のかかり方や住宅への影響を徹底的に活かすこと。SE構法の構造計算は、そうして計算条件の更新も図りながらより信頼できるものへと発展させ続けています。


瑕疵担保責任は、国と同じ基準で対応。

SE構法は、累計1万余棟が建てられた現在に至るまで、1件の事故も起こっていません。2000年に施行された住宅品質確保促進法では、住宅の基本構造部分に10年間の瑕疵担保責任が義務づけられました。基本構造部分とは「構造耐力上主要な部分」(基礎、柱、床など)と「雨水の浸入を防止する部分」(屋根、外壁、サッシなど)が対象です。
SE構法では、法律化される前の1998年より独自に構造躯体に対しての保証制度を構築してきました。全棟が適切に施工されるよう、SE構法施工管理技士によって、施工状況の写真ならびに施工チェックシートによる「SE構法性能報告書」の提出を構造躯体完了後、14日以内に義務づけています。

SE構法だからできる
1/500以上のたわみも保証。

安全性を担保した構造躯体に対して「SE住宅性能保証書」を全棟発行。水平部材に1/120以上の傾斜、床・梁など通常荷重下での1/500以上のたわみ、柱壁の鉛直部材の1/120以上の傾斜、という厳しい基準のもと、基礎・構造躯体とそれを構成する金物に起因する建物の損傷を保証しています。


あなたの家の性能の証。
図面・施工データをしっかりと保管するから、資産価値が上がります。

SE構法の住宅はこれまでに1万棟以上建てられてきました。それらの住宅の図面や施工データは全棟保管されており、1棟1棟建てる前から建てた後まで、責任を持って管理されていきます。このようにしっかりとした記録が残っている住宅は、メンテナンスのしやすさから資産価値もアップするのです。

引き渡しから10年。
さらに最長20年までの構造性能を保証。

SE住宅性能保証制度は、基礎と構造躯体、金物が原因で住宅の損傷が起きた場合、SE構法が登録施工店を通じて、お客様の住宅を保証するという制度です。完成引き渡しから10年間無償保証。10年経過後に指定された検査メンテナンスを行うことにより、さらに10年間の保証延長が可能です。

双伸の家 他のコンテンツをみる

一覧に戻る