双伸の家 優しさを家じゅうに。

About双伸の家

構造のお部屋

05.接合金物でしっかり固定

たくさんの木材が縦に横に斜めに組まれてできている軸組み。軸組みは言わば「家を支える骨」です。風や地震、重みに耐えながら、長い年月が経ってもバランスを保って立ち続けられるかは、軸組みの接合部の確かさにかかっています。双伸の家を各所で支える、形状・課題・用途に合わせた様々な接合金物をご紹介します。

双伸の街 双伸のおすすめを特設サイトにしました。

双伸の街 双伸のおすすめを特設サイトにしました。

柱接合部分の弱さが、地震時の倒壊原因になる

「点」に力がかかる木造軸組工法。
接合金物による強固な結合で、構造の強さを守ります。

木造軸組工法は横からの力に弱いため、双伸商事では2×4工法の長所もかけ合わせ面でも家を支えられるようにしています。しかし、それで完璧ということではありません。いくら面で外力を分散したとしても、その面が張り付けられている軸組みがもろければ地震の力に家は負けてしまいます。弱い部分を補いより強い家にするために、適切な種類・サイズの接合金物でしっかりと接合部分を補強します。
2階を支える1階の柱、屋根を支える2階の柱、躯体の重みを支える梁や桁、ねじれを防ぎ柱を補強する筋交いなど、それぞれが役割を担い力を合わせて家全体を支えています。その一つ一つが結合する点に外力が集中するということは、支えにとって大切な接点を攻撃されているということであり、どこかの接点がずれたり離れたりしてしまえば、家全体のバランスに大きな影響を与えてしまいます。だから、接合部分の弱さは住宅にとっての命取りになるのです。

軸組みをさらに強くする接合金物

豊富な接合金物が強固な構造を支えます

双伸の接合金物の種類

双伸の家 他のコンテンツをみる

一覧に戻る