双伸の家 優しさを家じゅうに。

About双伸の家

構造のお部屋

02.まずは地盤をしっかり

耐久性の高い家を建てるには、何と言っても基礎が要です。基礎とは、家の躯体を支える土台のこと。固い地盤、高耐久性の構造でも、その2点をつなぐ基礎部分が頑丈でなければ、どちらも効果を発揮できません。お家づくりは足元からひとつひとつ、しっかり固めて。見えない部分にこそ安全面が託されています。

双伸の街 双伸のおすすめを特設サイトにしました。

双伸の街 双伸のおすすめを特設サイトにしました。

強度の高いシームレス工法何事も基礎が肝心!家も基礎がとっても大事

太い鉄筋と密度のあるピッチ。
圧縮・引っ張りに強いベタ基礎で見えない部分から「家」を支える。

ベタ基礎の図解

双伸商事では、より強固な基礎となる「ベタ基礎」を採用しています。布基礎とは異なり床下全体が鉄筋コンクリートになっているため、家の荷重を底板全体で受け止め分散させる「面での支え」が生まれます。それによって圧縮や引っ張りにも強くなり、基礎自体の耐久性が高まります。

湿気に負けない密度の高い基礎の構造

主筋には直径13㎜の太い鉄筋を使用し、200㎜ピッチで組んで鉄筋の密度を高め、さらに鉄筋が腐食しないよう鉄筋をコンクリートでしっかりとつつみこみます。基礎立ち上がり部分のかぶり厚(基礎幅)も150㎜と十分な厚みを確保し、基礎高も公庫基準をクリアする400㎜以上。堅牢な基礎を造るために構造計算のもとバランス良く躯体の荷重を支えることができます。高レベルの耐震性・耐久性を実現するには、こういった堅牢な基礎が必要なのです。

シームレス工法で強度をアップ

シームレス工法で繋ぎ目を
作らないことで耐震性、防湿性がアップ!
さらにシロアリの侵入も防げます。

繋ぎ目のないシームレス工法

1回でコンクリートを打ってしまうことで、耐圧盤(ベース)と立ち上がり部分に継ぎ目が発生しません。
それにより様々なメリットが生まれます。

耐震性UP

1回打ちの基礎は継ぎ目がないことで横からの力に強くなります。㈱リコーの実験で、2回打ちの基礎に比べて約20%強度がUPすることが確認されており、耐震性も高まると言えます。

防湿性UP

水の浸入を防ぐことで防湿性に優れ、カビ等の原因になる湿気を抑えることができます。また、コンクリート内部の鉄筋のサビ予防にもなり、耐久性UPにもつながります。

シロアリ対策

コンクリートに隙間がなければ、シロアリの侵入も防ぐことができます。住宅の要となる基礎部分をシロアリから守ることができるので安心です。

基礎がしっかりしていないと・・・・
家はどうなる!!!??

基礎がしっかりしていないということは、足元がしっかり固定されていないようなもの。少しずつ建物が傾いてきてしまいます。台風などの強い風による横からの力、降雪の重みなどの上からの力が加わると、その加えられた力の分を基礎が支えきれず、横に傾いたり下に沈んでしまったりします。家だけでなく外構やカーポートも同様です。基礎の重量によってその上に立っているものを支え、配筋の頑丈さやコンクリートの厚み、密度、均質性によって外力を面で分散し、一ヶ所に大きな力がかからないようにすることで建物は長く安定して立ち続けていられるのです。家が建ってからでは見えなくなってしまう部分だからこそ、建てる前にきちんと確認しておくことが重要です。

双伸の家 他のコンテンツをみる

一覧に戻る